戸塚の家

戸塚の家

計画地は40年ほど前に開発分譲された郊外の住宅街に位置する。
東西方向に長い敷地形状であり、敷地の南側には十分な冬のダイレクトゲインが得られるだけの庭=引きが計画できない。

そこでに1階のLDKに吹抜けをもうけ、この吹抜けに面したハイサイドライトから家中に光を取り込むことで、吹抜けのあるLDKを中心に「光」と「風」と「家族の気配」が感じ取れるような家を考えた。

この太陽光によるダイレクトゲインに加え、長期優良住宅を取得した耐久性の高い省エネルギー型住宅であり、セルロースファイバーやニスクボード、硬質ウレタンフォームなどの断熱材を組み合わせた気密性や断熱性能に優れた家となっている。
設備的にも温水式床暖房を備え、季節を問わず快適に過ごすことができる。

竣工
2011年4月
所在地
神奈川県戸塚市
構造
木造 2階建て
延床面積
115.58m²
敷地面積
161.77m²

photo by GEN INOUE